庭先取引 (にわさきとりひき)

競走馬の取引方法のひとつ。
馬主が調教師などのアドバイザーとともに牧場などで競走馬を吟味し、生産者との話し合いをして競走馬の取引を行うこと。
ほとんどの場合はこういった取引がなされ、あとは市場取引がメインとなる。将来有望な競走馬は当歳の時点で取り引きされることが多い。