日本中央競馬会 (にほんちゅうおうけいばかい)

日本中央競馬会(JRA)とは競馬の健全な発展を図って馬の改良増殖その他畜産の振興に寄与するため、競馬法により競馬を行う団体として設立される法人である。
競馬法に規定する中央競馬を開催するとともに競走馬の育成や騎手の養成などを行い、中央競馬を開催する競馬場・トレーニングセンター・競走馬の育成場などの施設を保有する。
農林水産大臣の監督を受け、政府が資本金の全額を出資する特殊法人である。
世界最大の馬券売り上げを誇り、毎年3000億円以上を国庫に納入し畜産の振興や社会福祉へ役立てられている。略称の「JRA」は「Japan Racing Association」の頭文字を取ったもの。