寝ちがい (ねちがい)

寝起きの際に発症する事故を総称したもので、いわゆる「病気」とは異なる。
寝ワラのかたまった場所や馬房壁の近くで寝た場合、不自然な姿勢となるが、この状態から無理に起きようとすると、関節や筋肉に故障を起こしやすく、また、外傷を負うこともある。
これを「寝ちがい(寝そこない)」という。