ハンデ戦 (はんでせん)

競走馬の馬齢や獲得賞金とは関係なく、近走の成績や競走馬の能力などを考慮に入れて「ハンデキャッパー」と呼ばれる人々がその競走馬の負担重量を決めるレースのこと。
当然実力馬は重い負担重量を与えられる。その負担重量が妥当であると力が拮抗して白熱したレースとなる。レース的にも馬券的にも面白いレースになる傾向が強い。
ハンデ戦で最も重い負担重量を課せられる競走馬を「トップハンデ」という。