速歩 (はやあし)

「速歩(そくほ)」とも読む。3番目に速い歩法。速度は普通1分間に220m位である。
四肢の動く順は、(1)右後肢と左前肢→(2)左後肢と右前肢…が、対になっての2ビート。頭、頸の動きは小さいが、弾発がある歩法で上下動の反撞は大きい。
一完歩(一肢が着地してからつぎにその肢が着地するまで)に二回、四肢がすべて宙に浮いているか、少なくとも負重していない瞬間が存在する歩法で常歩より速度は速い。
普通に速歩といった場合は斜対歩(斜対速歩)をさす。速歩では対角線上(例えば左前肢と右後肢)の二肢がほぼ同時に動く。
着地の順序は、(右後肢-左前肢)→(左後肢-右前肢)と続く。