端をきる (はなをきる)

単独で先頭に立って逃げること。
「逃げ馬は端をきれないとモロい」などという。