繁殖牝馬 (はんしょくひんば)

肌馬と同じ。
仔馬をとるための牝馬のことで、競走馬として能力を出し切った馬、限界にきていると思われる馬、また血統が良くて早く仔馬を欲しい牝馬などは牧場に上がって繁殖牝馬となる。
馬主が売却せず牧場に預けて仔馬をとることを「仔分け」という。