腹帯 (はらおび)

鞍の附属具で馬の胸に回して締める帯。
これがゆるむと鞍ずれになるが、強く締めすぎると能力に影響して走れなくなる。
腹帯は1本ではなく「上腹」を鞍の上から締める。
腹帯 (はらおび)