蹄 (ひづめ)

馬の球節の下で人間の中指1本に当たり、爪のようにみえる部位をいう。
昔から「蹄なければ馬なし」といわれているように、蹄は馬体を支える基礎であり、運動上もっとも大切な部分である。
したがって削蹄、装蹄、また蹄の手入れの良否が、直接、間接に馬の能力に大きな影響を及ぼすものであり、厩舎関係者は裂蹄や蹄の病気にかからないよう、蹄の良好な状態を保つため注意している。
蹄鉄は、この蹄の摩耗を防ぐために着けられている。
蹄 (ひづめ)