船揺すり (ふなゆすり)

「熊癖(ゆうへき)」の俗称である。馬房内で肢を踏みかえ身体を左右に間断なくゆする癖である。
熊がオリの中で左右に身体を動かす様に似ていることから熊癖の名があり、また、舟をこぐ様にも似ていることから「船揺すり」という俗称がある。
下肢部の故障を起こすこともあるため嫌われる。