マッチレース

競馬の起源といわれる競走方法で2頭の馬がその雌雄を決するために一定の距離で争うもの。
英国では16世紀ごろから貴族が自分の持ち馬に賭け、盛んにマッチレースを行ったといわれている。
現在日本の競馬では登録制をとっており一対一の競走はないが、多頭数出走していても2頭だけが図抜けて強いときには「このレースはマッチレースだ」などと使われる。
マッチレース