前残り (まえのこり)

レースを先導する逃げ馬や先行馬が自分にとって有利なペース(主にスローペース)に持ち込むことが出来て、後続の追随を許さずにそのままゴールしてしまうこと。
開催の最後になって馬場が荒れてくると最後の切れ味が鈍ってくるため、前残りの競馬になりやすくなる。