胸懸 (むながい)

馬具の一つで、激しい運動によって鞍が後方にずれることを防ぐため、鞍から馬の胸部を巡らせて固定する革ひものことである。
形状としては鞍の前部両端をつなぐだけの形のものと、Y字形で中央を馬の両前肢の間に通し、その先端についた輪に腹帯を通す形のものがある。負担重量に含まれない。
ちなみに同じ補助具の「尻懸(しりがい)」も負担重量に含まれない。
胸懸 (むながい)