もやし馬 (もやしうま)

育成期間に過保護になっている馬のことで、本質的な育成技術、鍛錬がなされてなく、見た目に立派でも中身がなく「みてくれ」だけ良い馬となってしまう。こういう馬を指して「もやし馬」という。
また競走馬でも急仕上げで調教量の足りない馬についても、格好だけはできていても実質が伴っていないということで「もやし馬」あるいは単に「もやし」と言うこともある。