もらい

「斤量をもらう」「ハンデをもらう」などといった形で使われる言葉。
見習騎手が騎乗して規定の重量より軽い重量で出走するとき、例えば53kgの馬に「▲」の騎手が乗れば3kg減の50kgで出走できる。こういうとき「3kgもらいで出られた」などという。
また目標のハンデ戦の前の1、2走を無理せずハンデを軽くしてもらうことを「ハンデもらい」というが、現在1度や2度成績が下がってもハンデが軽くなることは少なく、ハンデもらいを意識してレースする馬もいないようだ。