持ちタイム (もちたいむ)

「持ち時計」ともいうが、ある馬が一定の距離でマークした最高タイムのこと。
「この距離の持ちタイムがある(ない)ので…」という使い方をされるが、速い時計を持つ馬を持ちタイムがあるという。
一応、その馬のその距離における最高能力と見られるが、そのタイムを出したときの馬場状態、コース、出走回数などいろいろ異なるので、持ち時計が即その馬の能力という見方はできない。
ただ、キャリアを積んだ古馬の場合には能力を探るうえでひとつの目安になるのも確かだ。