物を見る (ものをみる)

単に「物見(ものみ)」ともいう。パドックやレース中に競走馬が集中力を欠いてよそ見をしている状態。
実力を発揮出来ないことが多い。不意に些細な何かの物に驚いて騒いだり、止まってしまったり、また横に飛んだりする。
レースのときにハロン棒の影や芝の切れ目に驚き、異常な動きをする馬も稀にある。