焼く (やく)

「焼烙療法(しょうらくりょうほう)」といわれる馬の治療法のことで、馬のお灸と思えばいい。
特に筋肉、骨膜、関節などの炎症で薬物療法などで治らない慢性的なものに効果がある。
以前は鉄や銅でできた器具を灼熱して使用していたが、現在は電気式の器具が使われている。パドックなどで注意してみると脚に乾パンの穴のように点々とした跡があるが、これが焼いた箇所である。