夜目 (よめ)

拇指(おやゆび)が退化した痕跡だともいわれている。人でいえば手首と肘の間となる前膊(ぜんはく)部の内面、及び飛節の内後面に付着する褐色の塊をいう。
馬には必ずあるもので、学名は附蝉(ふぜん)といい蝉が木にとまっている姿に似ていることから生まれた言葉。
その形態、表面の紋様、大きさなどが人の指紋のように馬ごとに異なっているので、個体鑑別に用いている国もある。
この夜目には諸説あるが、馬は元来5指をもつ動物であって、これが進化の途上で拇指及び小指を必要としないことで失い、現在では中指のみで体を支えているとされている。
人さし指、薬指は管部に痕跡となって残っている。
夜目 (よめ)