ラップタイム

単に「ラップ」ともいうが、レースや調教における1ハロン(200m)毎のタイム。
レースやコース形態などにもよるが、競走馬は1ハロンを平均して12秒台で走ることが出来る。
レースにおけるラップタイムは先頭の馬で計測されるので、逃げ切ったとき以外は勝ち馬自身のラップとは異なる。
ラップはレースの遅速を表すもので展開を解析するうえで重要。特に前半の3ハロンでレースの性格が決まることが多く、競馬ブックでは各馬の通過順位から前半の3ハロンを全馬について計算し、能力表に掲載、勝ち馬推理の参考資料としている。