リップネット

馬の鼻先にネット上のものを装着することで意識を集中させ、周囲からの影響を減少させることを期待して用いられる。
鼻端が隠れてしまうため、到達順位の判定に支障をきたすおそれがあるなどの理由から、JRAでは競走中の使用は認められていない。
手作りのため、様々な形状がある。
リップネット